シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!

私が小さい子供を連れて離婚した理由。①《運命の日》

元旦那との出会いと運命の日

私の離婚理由を一言で言うとすれば『元旦那の精神疾患』です。夫婦喧嘩や不平不満はお互いにありましたが、それが無かったら今でも家族4人仲良く一緒にいられたんじゃないかな?なんて思っています。

 

離婚の経緯を書いていると、どうしても私目線になってしまうので元旦那ばかりが悪い風になってしまいますが、私も悪いところがあり色々な事が重なって離婚という結果になってしまったのだと私は思っています。

 

元旦那とのなれそめ

私が元旦那と出会ったのは保育園年中さんの時で、それからずっと一緒の学校に通っていました。高校は離ればれになったのですが、偶然にもバイト先が一緒になり懐かしさも相まって付き合うことになりました。一度別れてしまったり、色々と紆余曲折しながらもお互い22歳の時に結婚しました。いわゆる幼馴染婚です。

 

悲しかったぎゅうちゃん2歳の誕生日

今回の事は付き合って12年目。結婚8年目の出来事でした。

 

マイホームの購入契約をした一週間後の6月半ば。私は息子ぎゅうちゃんの2歳のお誕生日パーティーの準備を済ませ、元旦那の帰りを楽しみに待っていました。お腹には新しい命。幸せの絶頂にいました。

 

『パパ遅いね。』と待ちきれないぎゅうちゃん。ケーキがあるのを知っているのでずっとソワソワいています。19時になり元旦那が帰って来て大喜びの私達でしたが、何だかいつもと様子が違います。

 

心配になった私は『何かあったの?』と聞いてみたものの『大した事じゃ無いから気にしないで。』と言われてしまい私に話してくれることはありませんでした。暗い雰囲気の中行われたぎゅうちゃんの2歳のお誕生日会はとても悲しいパーティーになってしまいました。

スポンサーリンク

 

マイホームのキャンセルはしない。

数日経っても元旦那の様子はおかしいままで、何があったのか聞いても『仕事で色々あって・・・。』と濁して話してくれる事は無く、私はとても心配していました。そんな元旦那の様子を見て《仕事を辞める事になるかもしれない。》と私は一抹の不安を感じていました。

 

元旦那に本当に仕事を辞めたい気持ちがあるのなら、契約したばかりのマイホームはまだ家の土台を作り始めたばかり。今なら違約金や土台の材料費、人件費をこちらが負担すればキャンセル出来るのではないか?と提案してみましたが『キャンセルはしなくていい。』と言うので、キャンセルはしませんでした。この時、キャンセルしていれば違う未来が待っていたかもしれません。

 

元旦那がおかしかった理由

ある日の事。妊娠中で専業主婦だった私はお昼を食べてぎゅうちゃんをお昼寝させていました。すると突然、元旦那がお昼休みに会社から帰って来て、神妙な面持ちでぎゅうちゃんのお誕生日の日に起きた会社での出来事をゆっくりと私に話し始めました。

 

その内容をここに詳しく書く事は元旦那の気持ちを考え控えさせて頂くのですが、おおまかに言えば『会社である失敗をしてしまい精神的に参ってる。』という事でした。私からすれば《えっ・・・・。それくらいのことで??》という内容だったのですが、元旦那にとっては重大だったようでとても悩んでいました。(※仕事での失敗では無いです。お酒の席でしてしまうようなちょっとした失敗です。)

 

勤務先には元旦那が失敗したことはまだ誰にも知られておらず(元旦那談)、私も元旦那の話を聞いて何度も現地を確認しに行きましたが、バレるはずが無い。というような状況でした。本人も誰もいないのを確認していたし、外も人が通る事がほとんど無い。それでも《もしかしたら見られてたかも。》という気持ちから疑心暗鬼になって、元旦那はどんどん不安定になっていきました。

 

f:id:ponkotsu1215:20170329222144p:plain

この頃の写真は何故かデータが壊れてしまい読み込めません。少し大きくなったぎゅうちゃんです☆

精神的に狂い始める。

それからというもの、元旦那は思い込んだらそれしか見えなくなってしまう性格なので、頭の中がその事でいっぱいになってしまいどんどん精神的におかしくなっていってしまいました。仕事をすぐに辞められる状況なら良かったのですが、ここで仕事を辞めてしまうと建設中のマイホームの融資が銀行から受けられない事態となってしまう為、せめて融資が実行されるまでは仕事を続けないといけません。

 

元旦那は『それまでは何とか仕事頑張るよ。』と言ってくれたのですが、私の心の中は

 『本人にとっては重大な事かもしれないけど、こんなくだらない事でこの大切な時期にに仕事を辞めるんだ。』とやりきれない気持ちでいっぱいでした。ごめんなさい。

chiiseka.hatenablog.com

スポンサーリンク