シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!

私が小さい子供を連れて離婚した理由。④《大きな決断》

仕事を辞める決断をしました。

 これの続きです。

chiiseka.hatenablog.com

 

元旦那は仕事は何とか続けていたものの、失敗がバレていたらどうしよう。と思うあまり人目を異常に気にするようになってしまいました。日常の些細な事にも不安を感じるようになり、本人の希望で精神科に通い始めました。

 

ぎゅうちゃんの時は、お風呂に入れてくれたりオムツを代えてくれたりと育児を手伝ってくれた元旦那ですが、パープーは『小さいから不安で出来ない。』とお風呂に入れてくれることもオムツを変えてくれることもしてくれませんでした。私は産後の体調不良も忘れ、家事に育児に1人で走り回っていました。

 

検診でパープーに病気が見つかる

退院二週間後の心臓の検診で、パープーは《気管軟化症》と診断されました。(気管支軟化症は、呼吸の際に気管や気管支の断面が平べったくなり、呼吸がしづらくなってしまう病気です。)いつも苦しそうにゼーゼー言っていて、夜も腕枕をして気道を確保してあげないと寝てくれないのでずっと不思議に思っていました。

 

今の時点で治療する必要は無く、成長すれば自然と治る事もあるとのことなので、心臓と合わせて様子を見ることになりました。

 

パープーが産まれた事で、今までの生活が大きく変わり、元旦那の不安定な状況はどんどん悪化していました。何かあったらどうしよう。という不安から、寝ている子供達を見ている事も出来なくなってしまいました。『産まれたばかりの赤ちゃんを見たら、元旦那が立ち直るきっかけになるかも。』 と里帰りせず自宅に戻った私の選択は大失敗でした。 

 

スポンサーリンク

 

助けを求めるばかり

元旦那は仕事を続ける覚悟も辞める決断もせず、

 

俺は苦しんでる。助けてくれ。

 

と私に泣きついてくるばかりでした。そんな元旦那の話を毎日何時間も聞いてなだめるのです。内容はいつも同じ。

 

奴らが俺を見張っている。

みんなで何か話していたのは、俺の悪口を言っているんだ。 

 

本当にキリがないのです。同僚の一挙一動全てが自分への当てつけや嫌がらせだと騒ぎ、イラついたり悲しんだりするのです。会社だけではありません。町内の集まりに行っても『新しく引っ越してきた人ですか?』と聞かれただけでみんなで俺を見て笑っていた違いない!!と騒ぐのです。

 

正直、助けて欲しいのは私でした。  

助けて欲しいのは私でした。もし、私が元旦那の立場だったら会社で失敗してしまった事なんか忘れて家族の為に頑張れたと思います。それに、疑心暗鬼になり全てを疑っているだけで、失敗がバレた確証はどこにも無いのです。直接言われた訳でも、噂で流れてる訳でもない。こんな不確かな事でこんな大騒ぎになって、私はやるせない気持ちでいっぱいでした。 

 

初めての2人目育児、元旦那、新居での生活。私も精神的にいっぱいいっぱいでした。考えれば考えるほど不安になり、ずっと眠れない夜を過ごしていました。

 

仕事を辞める決断を私がする

パープーが生まれて1ヶ月。ある朝、元旦那が

 

『会社に行きたくない。いなくなってしまいたい。』

 

とポツリ。このままじいけない!!と会社を休ませ今後の事を二人でじっくり話し合うことにしました。

話し合いをする

私は何も決断せずに泣き言ばかり言う元旦那に《この先どうするのか?》そろそろちゃんと決めて欲しい。と自分の気持ちを伝えました。子供達にも良くないし、このままだと私も精神的に病んで共倒れになってしまうような気がしていたからです。

 

元旦那は『辞められる状況じゃないだろ!!』とふてくされて全く話しになりませんでした。私が『高いお給料の会社じゃなくてもとりあえず転職して、足りない分の生活費は私が働きに出るよ。』と言っても『そういう訳にはいかない。』 の一点張りで何も前には進みません。

 

《このままじゃずっと同じことの繰り返しだ!!決断しないと!!》という思いから、ついカッとなって、

 

『私が責任を取るから、今すぐ会社を辞めてきていいよ!!』

 

と怒って元旦那に言ってしまいました。元旦那は『待ってました~!!』と言わんばかりにすぐに身支度を整え退職を伝えに会社に出掛けて行きました。

 

『仕事、辞めておいで。』が欲しかった。

元旦那は『仕事、辞めておいで。』の言葉をが欲しくて、毎晩私に泣きついて来たのだと私は思うんです。自分が仕事を辞めて転職して家族を養っていく自信が無かったから、私のせいにして仕事を辞める必要があった。つまり責任を取りたくなかったということです。元旦那は、昔からそういう所が多々ありました。それでも家族の為に仕事を辞める事が出来ず、苦しみながらも会社に通った数ヶ月。私はとても感謝していました。

f:id:ponkotsu1215:20170426122000j:plain

chiiseka.hatenablog.com

スポンサーリンク