シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!

私が小さい子供を連れて離婚した理由。⑨《そして離婚へ・・・。》

 

はじめに

(↓これの続編です。)

chiiseka.hatenablog.com

 

離婚の決断をするのは私しかいない。

 義父に助けを呼びに行った数時間後、元旦那から謝罪の電話がありました。その際に私は《本気で離婚を考えてる。》と元旦那に気持ちを伝えました。元旦那は『分かった。』としか言いませんでした。元旦那に『もし、私と離婚したら仕事はすぐに辞めるの?』と聞くと『仕事を辞めたら俺が食べていけなくなっちゃうからしばらくは辞めない。』と言われました。

 

『明日仕事が辞められるなら、家族なんかいらない!!』と言っていたのに、離婚して1人になったら生活の不安から仕事は辞めないなんて・・・。なんだかとても矛盾しているような気がしました。仕事を辞めて無職になってしまっても、私が何とかしてくれると思っていたのではないか?と思わざるを得ませんでした。

離婚はしない。今の仕事を辞めて新しい場所で頑張る!! 

この選択肢は元旦那にはありませんでした。家族がいたら会社に辞めたいと強く言えないからです。また、周りの反対を押し切ってまで仕事を辞める事も彼には出来ないのです。仕事を辞めてしまった後、家族の生活を自分が背負うくらいだったら離婚して身軽になりたいと思っているようでした。

 

『家族はいらない。』と口では言いながらもハッキリ『離婚したい。』と元旦那が私に告げる事はないのは分かっていました。私から申し出る事で私が悪者にされてしまうのも分かっていました。元旦那は自分が悪者になる事はとことん嫌うし、決断も出来ないので私から言う以外の解決の方法はもはやありませんでした。

スポンサーリンク

 

 

私の気持ち 

《病めるときも健やかなるときも共に歩み・・・。》結婚式の誓いの言葉です。元旦那が病気になったからといって離婚してしまうのは、病気になった元旦那を私が捨てるのも同じことでは無いか?葛藤がありました。大きくなった子供達にそう思われても仕方が無い状況です。

 

元旦那とは保育園からの同級生で、付き合い始めてから今まで13年間も一緒にいました。大切な家族で心から嫌いにはなりきれず立ち直って欲しいと思っていました。ですが、私も精神的に限界でした。元旦那に辛く当たってしまう自分が大嫌いでした。このままだと夫婦共倒れになってしまう事は目に見えています。本人に立ち直る気持ちが無い以上どうしようもありません。 

 

子供達について

子供達についても色々考えました。毎日父親『お前らのせいで俺は辛い思いをしているんだ。』と睨まれ『消えたい。いなくなりたい。』と子供の前でも平気で言う父親。その背中を見て育つことは、果たして子供達にとって良い事なのだろうか?元旦那がストレスから子供達に当たる事も多々ありました。

 

父親に必要とされず恨まれながら日々を過ごすより、離婚して身軽になった元旦那と面会日だけでも楽しく過ごす方がいいのではないか?元旦那も子供達に会う事を楽しみに立ち直ってくれれば・・・。と淡い期待を抱いていました。

 

離婚の決意

長期間の別居は考えていませんでした。元旦那が実家に長い間戻る事は不可能でしたし、私も実家には居づらかったのでお互い居場所がありませんでした。

 

 優柔不断で何事も決めるのに時間がかかる私は色々考えてしまうと離婚出来ずに同じことの繰り返しの日々になってしまうと思ったので成るように成る!!と《離婚》という道を選びました。考え始めてから実際に離婚するまでの期間は本当に短かったです。

 

3月半ばの雨の降る中。子供達と一緒に離婚届を提出しに行きました。

 

養育費の事も親権の事も。仕事も財産分与の事も。本当に何も考えずに先に離婚してしまいました。離婚してスッキリするはずの気持ちはどんより重く、不安でいっぱいで涙が止まりませんでした。色々な思いが込み上げてきて、とても苦しかったです。

 

最後に

今思えば、離婚して子供達から父親を奪う事がどういう事なのかを私はあまり理解していませんでした。離婚が成立してその重さを知った時は、胸が押しつぶされそうで子供達に申し訳なくて後悔でいっぱいでした。私が選ぶべき正しい道はどこだったのか?どうすれば一番良かったのか?正直、未だによく分かりません。

 

最初に元旦那がおかしくなってしまった時に、違う対応をしていたらこんな状況にはなっていなかったんじゃないか?私がもっとしっかりしていればこんな事にはならなかったんじゃないか?他に解決策があったのではないか?色々考えましたが、答えは出ません。もっとよく離婚について話合えば良かったと思うものの、当時の私は普通の精神状態ではありませんでした。元旦那もまともに話し合いも出来ないような状態でした。

 

離婚後、初めて元旦那に会った時は以前の優しい元旦那に戻っていました。あんなに嫌っていた私の手を握って来たので、ビックリしたのをよく覚えています。元旦那も肩の荷が下りてスッキリしたのかもしれません。こうして私たちは母子家庭になり、3人で生きて行くことになりました。長くなりましたが、最後までありがとうございました!!グダグダになってしまい、申し訳ありません。離婚時のことは、記憶があまり無く、詳しく書けませんでした。↓ ※追記:離婚後の話UPしました☆

chiiseka.hatenablog.com

 

f:id:ponkotsu1215:20170424073937j:plain

☆生まれたばかりのパープーとぎゅうちゃん。私にとって思いで深い一枚です☆

chiiseka.hatenablog.com

chiiseka.hatenablog.com

スポンサーリンク