読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!よろしくお願いします(〃^∪^〃)

ショック!!ママはとうとう悪霊に!!

 1. ショック!!ママはとうとう悪霊に。

 

昨日、ソファーに横たわるぎゅうちゃんにムラムラした私。


ぎゅうちゃん愛してるよー!!とぎゅうちゃんにダイブ!!


好き好きチュツチュツとしたら、ぎゅうちゃんがボソボソ。


『かんじーざいぼーさつ・・・』

 

f:id:ponkotsu1215:20160808214755j:plain

 

!!!!!!!!

 

お経!!!


ひ、ヒドいぎゅうちゃん!!まるでママが悪霊かのように目をつぶって唱えてる。

 

もうママがウザくなっちゃう年頃なのね・・・。シクシク泣いている私に、

 

『ママ~嘘だよ。大好きだよ~。』

 

と優しく声をかけてくれたが、ママは地味にショック。

 

2.ラッキーイノシシを未だに信じてるぎゅうちゃん。

 

以前、イノシシに怯える子供達に『2人が見たのは、ラッキーなイノシシ。怖いイノシシは赤いイノシシなんだよ~。』と大嘘をついた。

chiiseka.hatenablog.com

 

未だにぎゅうちゃんは信じていて、

 

『ママ、じいちゃんはいつもイノシシが来るぞ~!!って意地悪するんね。じいちゃんは意地悪だから赤い悪いイノシシしか見た事ないんだよ!!きっと。』

 

と言っている・・・。

 

やばい。もう完全に信じてしまっている。お友達に『ラッキーイノシシ』とか『赤いイノシシ』とか、有りもしない話をしてしまったら笑われてしまうかもしれない。私は勇気を出して真実をぎゅうちゃんに告げた。

 

『ぎゅうちゃん。ママは嘘をついてしまったよ。本当はラッキーイノシシも、赤いイノシシもいないんだよ。ごめんよ・・・。』

 

ぎゅうちゃんは数秒考え、顔色1つ変えずに口を開いた。

 

『そういえばさ~クレヨンしんちゃんの園長先生のバスはさ、猫なんだよね~。』

 

全く話を聞いていないぎゅうちゃん。結局、イノシシの事は伝えられなかった。

 

まとめ

ぎゅうちゃんは恋の駆け引きがとても上手だけど、全く人の話を聞いてくれない。

そして子供に簡単に嘘をついてはいけないと学びました。

スポンサーリンク