読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!よろしくお願いします(〃^∪^〃)

鬼とランチデートする話。

シンママ子育てブログ

 

5歳のぎゅうちゃんの怖い物の1つ。それは・・・。

 

鬼!!!

f:id:ponkotsu1215:20161004055103p:plain

 豆まきで鬼の存在を知ってから、ぎゅうちゃんの中で最も怖い存在になっている。

 

恐怖で子供を支配する事はいけないと思いながらも、悪いことをすると鬼から電話が来るアプリを使ってぎゅうちゃんを脅してしまう私。

 

ぎゅうちゃんも5歳。そろそろ鬼に立ち向かう勇気を持って欲しい。

 

そんな願いから、ぎゅうちゃんに鬼との和解案を提案した。

スポンサーリンク

 

『ぎゅうちゃん。今度鬼とゆっくり話してみたら?ママがこの前お話したら、話しやすくて優しくて凄くいい人だったよ!!』

 

ぎゅうちゃんは『嫌だ!!鬼怖い!!』と半泣き状態。

 

それからも、鬼で脅しておきながら鬼はいい人。優しい人。と猛アピール。

 

そしてとうとうぎゅうちゃんに変化が!!

 

『ぎゅうちゃん。今度鬼とゆっくりご飯でも食べに行かない?』

 

『やだ!!怖い!!』

 

『鬼と一度ゆっくり話してごらんよ。凄くいい人だよ。ぎゅうちゃんもきっと仲良くなれるよ!!鬼と何食べに行くかね?』

 

はなまるうどん。』

 

『お、鬼とはなまるうどんか~。ぎゅうちゃんは何食べる?』

 

『ざるうどん。』

 

『鬼は??』

 

『ざるうどん。』

 

『鬼もざるうどん好きだよきっと!!』

 

『やっぱり豆のうどんにする。』

 

『おっ!はなかっぱの好きなお豆だね!美味しそうだね~いいね~。』

 

『鬼は逃げていくから。』 

 

f:id:ponkotsu1215:20160829220914p:plain 

ま、豆まきか!!ぎゅうちゃんと仲良くなりたくて、ざるうどんを食べに来た鬼に苦手な豆を見せつけるなんて、

 

卑怯!!いや、頭がいいのか・・・。

 

今まで鬼から逃げて泣くだけのぎゅうちゃんが、鬼とざるうどんを食べるべく待ち構え、豆うどんを見せつける心意気。ほ、褒めるべきなのか。

 

『ま、豆のうどんか。うん。いいね・・・。』

 

この晩、ぎゅうちゃんはいつまでも眠れなかった。『鬼が来るかもしれない。』と怯えていた。『ぎゅうちゃんはいい子にしてたから鬼は来ないよ!!』と言っても全く聞く耳持たずな状態。

 

仕方なく鬼から電話アプリを起動。呼び出し音の後に鬼が出る。

 

『もしもし』

 

これ以上、鬼が余計な事を話さないようにアプリを終了。鬼からの電話に出ているフリをして、鬼の今日の予定を伺う私32歳。

 

『鬼は今日は忙しいからぎゅうちゃんの所には来ないんだって。いい子にしてたから来ないって!!』

 

やっと安心したぎゅうちゃんは、スヤスヤと眠りについた。

 

トラウマにならないようにもうやめようと思うが、つい言う事を聞かないと鬼を登場させてしまうのでした。

スポンサーリンク