読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!よろしくお願いします(〃^∪^〃)

無職の専業主婦が突然シングルマザーになりました。⑧《児童扶養手当と民生委員》

 

はじめに 

これの続編です ↓

chiiseka.hatenablog.com

離婚理由についてはこちら ↓

chiiseka.hatenablog.com

児童扶養手当の申請へ

市営住宅に入居が決まると、元旦那と同じ場所にある住民票をすぐに市営住宅の方に移した。これで元旦那と事実婚とみなされる事は無いはず。すぐに児童扶養手当の申請を行った。

 

ところが現実はそんなに甘くなかった。今度は事実婚解消の申立書の提出が必要との事だった。前もって連絡はしておくので、自分で担当地区の民生委員さんに連絡して、証明書を書いて貰って来てください。と言われ用紙を渡された。民生委員。 以前ネットで見たことがあった。母子手当の関係で不正受給が無いか民生委員は常に目を見張り突然自宅まで訪ねて来ると。何も後ろめたいことは無いのに『怖い。大丈夫だろうか・・・。』不安な気持ちで市役所を後にした。

f:id:ponkotsu1215:20170425001308j:plain

 ママが手続き中は暇で仕方がない2人。いたずらばかりしていました。

f:id:ponkotsu1215:20170426123527j:plain

冷えピタが大好きでいつも貼っていました。

 

民生委員さんとの出会い

帰宅するとすぐさま民生委員さんに連絡するも電話に出ない。不安と心配でソワソワ落ち着かない私。お昼過ぎ。家の呼び鈴が鳴る。 恐る恐る出てみると見知らぬおばあちゃんがそこにポツリと立っていた。70代くらいで身なりがきちんと整っていて清潔感がある。『民生委員をしています○○と申します。』なんと民生委員さん自ら我が家に訪ねて来てくれたのだ。突然の事に焦りながらも家に上がってもらった。民生委員さんはとても話しやすいおばあちゃんだった。話し相手のいない私は離婚までのいきさつを色々と聞いてもらった。申立書も快く書いてくれた。

 

それからも、市営住宅に引っ越しするまで民生委員さんは何度も我が家に様子を見に来てくれた。私が引っ越しの荷造りをしている間に子供達と遊んでくれたり、苦戦していた粉ミルクの飲ませ方などを親切に教えてくれた。見ず知らずの私達3人の為に本当に親切にしてくれて本当にありがたかった。

 

今でも離婚に至った元旦那の会社での呆れるような失敗の真相を知っているのは家族と民生委員さんだけです。(真相はホントに情けない理由なので子供達の為に墓場まで持って行く覚悟です。ブログには《ある失敗》と記載してある部分です。)

chiiseka.hatenablog.com

スポンサーリンク

 

児童扶養手当の受給が決まる。

民生委員さんが記載してくれた書類と戸籍謄本や必要な書類を全て揃え、市役所へ提出。提出直前に戸籍謄本の本籍が元旦那と住んでいた場所のままになっていたのでかなり焦ったが、特に問題無いとのことでホットした。これで無事に児童扶養手当の手続きが終わった。

 

その他手続きについて

児童手当は私に振り込まれるように手続きをして、銀行やクレジットカードは名字に変更が無かったのでとりあえずそのまま使うことにしました。母子福祉医療も後日、手続きをしました。最後に免許証の住所を変更して手続きは終了です。(年金は母子家庭は全額免除になるので、離婚時に手続きを済ませてありました。)残されたのは、保育園と仕事を探すことです。

f:id:ponkotsu1215:20170426123603j:plain

スヤスヤ☆

chiiseka.hatenablog.com

 

スポンサーリンク