読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!よろしくお願いします(〃^∪^〃)

母親の威厳と友達親子。

 

母親の威厳が無い私。

 

最近五歳のぎゅうちゃん。荒れております。《ババア》とか《ブス》とか汚い言葉を使って気を引いてみたりタックルしてきたり恐ろしいです。今まで言い争いをする事も無く大人は私一人で毎日を過ごしてきたから、話せる人が出来たような気分で実は少し嬉しかったりもする。実際、ぎゅうちゃんは私が忘れ物をすると教えてくれたりアドバイスをしてくれてたりと随分と大人になった。と言ってもまだまだ甘えん坊ですが(笑)

 

 そんなこんなで会話が楽しくてついお互いにワザと喧嘩した風に言い争ってしまう事もよくある。ぎゅうちゃんが恐る恐る威張った態度で強ぶるのでほんとに愛くるしい!!生意気な事を言ったり口答えしたり。腹も立つが成長の証拠と見守っている。

f:id:ponkotsu1215:20161222041052p:plain

完全OBAKA!!ぎゅうちゃんもいよいよ最終形態へ。

 

 私は今まで甘やかして子育てしてしまったからか家の中で子供達はお殿様お姫様状態。口癖のように私に対して悪口を言ってくるのですが、いちいち怒るのも面倒なのでついスルーしてしまいます。たまに気が向くと『ひどい!!そんなこと言わないで~』とイチャイチャしてしまう事もあるので《しつけ》に良くないと反省しています。メリハリはつけないといけませんね。※余談だが甘やかして子育てしてしまったがここのところ悪いことをしたり失敗してしまったらきちんと『ごめんなさい』が言えるようになった。良かった。

chiiseka.hatenablog.com

スポンサーリンク

 

母親の威厳を見せつける難しさ。

 

子供達には《自分が言われて嫌な事は人に言ってはいけない。》《汚い言葉は全然面白くない。人を傷つける言葉だよ。》と強く言い聞かせていますが、お家の中だと私に甘えたくてつい気を引くために言ってしまっている様子。ぎゅうちゃんも分かっているようで保育園では上手くやっているみたいです。(保育園で覚えてくるのでお友達と言いっこしてるのかな?)

 

もし、ここに父親がいたらどうなんだろうか?また違ったのだろうか?私は家の中が暗くなるのが嫌だから子供達には結構甘い。でも、それって本当は子供達の為にはならない。

 

子供を甘やかすのは簡単で、怒ったり諭したりするのはその何倍も難しい。

 

今はまだ小さい。でも再来年はぎゅうちゃんも小学生。このまま親に反抗してもいい。という風に思われてしまうのはこれから先、成長する上で大変な事になってしまう。母親の威厳を見せつけなければ!!と思うけど、これが意外と難しい。

 

私だってたまにはキレる。

 

ちなみに『怒ることあるんですか?』なんて保育園や職場で言われるけど実は結構怒る。絶え間無い兄妹喧嘩に我慢の限界で怒るというコースが多い。ちょっと怒ったくらいならぎゅうちゃんはニタニタ、パープーもテヘペロで逆切れしてママが謝ってくるのを待ってるけど、マジギレするとシャキシャキ動いて急にお利口さんだ。普段甘やかしすぎなのかも・・・。

 

友達親子に憧れる

 

《友達親子》になりたいとは思うけど、それって意外と難しいのでは無いか?と思う。親と子が対等ってどうなのかな?グレないのかな?私は昭和の人間だから悪い事をしたり言う事を聞かなかったら叩かれるし、親は自分より上の存在であり特に父は怖いと思っていた。程よく親子の上下関係があった方がいいんだろうけどその距離感ってどう作り出していくものなのか?なめられ過ぎてもいけないし怖すぎてもいけない。本当に難しい。

 

まとめ

 

子供達は私を完全にお友達か召使と思っているらしく油断すると袋叩きに合う。2対1だから心がめげる。しっかりしなくてはいけないな。と思う今日この頃です。

スポンサーリンク