読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!よろしくお願いします(〃^∪^〃)

《はじめてのおつかい》に挑戦!!母は涙腺崩壊です。

 

子供達がはじめてのおつかいに行ってきました!!

休日の夕方。遊び疲れて眠るパープーの横で私と五歳のぎゅうちゃんは暇を持て余していました。ふと、そばにあった古いザ・テレビジョンを見ると《はじめてのおつかい》の文字が目に止まりました。よしこれだ。

 

ぎゅうちゃんにおつかいに行ってみないか聞いてみると『行きたい行きたい!!』とノリノリ。パープーも丁度お昼寝から目が覚めたので二人でおつかいに行くことに決まりました。(私は後ろからコッソリついて行く予定です。)

 

おつかい先は自宅から往復で10分あるかないかの自販機。ジュースを一本買ってくるというミッション。ジュースは二人で行くのだから二本買っても良かったのですが、一人一本飲むと夕飯に響くので一本にしました。完全に親の都合です。そんなこんなで身支度を整えていざ、おつかいに出発です(*´・ω・`)b!!

スポンサーリンク

 

成長した子供達に感動!!

私は市営の階段下まで降りて二人を見送りました。手をつなぎ仲良く歩く姿は成長を感じて胸がキュンとしてしまいました。離婚当時、五ヶ月でお座りも出来なかったパープー。二歳で甘えん坊だったぎゅうちゃん。そんな二人が自分達でジュースを買いに行くなんて!!ママ感動です!!(ちなみにぎゅうちゃんは今も甘えん坊。)

 

二人が出発すると私は隠れながらすぐに後を追いました。身を潜めなければいけない立場なのに、おバカな私はこの感動を写真に残したくて豪快にパシャパシャ。すぐにぎゅうちゃんに発見されて『ママ来ないで!!』と怒られてしまいました。気を取り直して『いってらっしゃい!!』と笑顔で見送りました。

f:id:ponkotsu1215:20170113223632p:plain

やっぱり母は心配です。

ぎゅうちゃんに怒られたにも関わらず心配でたまらない私はやっぱり二人の後を慎重について回る事にしました。

 

子供達は迷うことなく自販機の前に到着したもののジュースを買うには道路を渡らなければなりません。私は心配で心配で飛び出したい気持ちをグッと堪えていました。《もし事故にでもあったらどうしよう。》とハラハラしていました。

 

そんな私の気持ちとは裏腹に道を渡らずスッと違う方向へ歩いていく子供達。『ぎゅうちゃんどこ行くんだい!?自販機は目の前だよ~!!』と焦りながら後ろをついて回る。もちろん写真をパシャパシャしながら。事情を知らない人から見たら私は完全に不審者です。

 

お兄ちゃんとしてのぎゅうちゃん。

ぐるっとひと回りして再度自販機前に到着。横断歩道を手を挙げて渡るお利口さんな子供達(*´艸`*)道を渡り終わりジュースを買おうとするが問題が発生!!なんとぎゅうちゃんは

 

ジュースのボタンに手が届かなかったのだ!!

 

誰か大人にお願いして押してもらうにも人の気配はない。ダメか!!と思っているとぎゅうちゃんはサッと自販機横に置いてあったブロックに乗って華麗にジュースのボタンを押す事に成功しました!!ぎゅうちゃん凄い!!

 

そして、ぎゅうちゃんのおりこうさんポイントはそれだけじゃありません。ジュースを買っている間、パープーが道路に飛び出さないように引っ張って言い聞かせる姿も見ることが出来ました。母は涙腺崩壊です(´;ω;`)

 

子供達が自販機を後にすると、私は二人が忘れたおつりを回収。家にいないとマズいので全力疾走で自宅まで戻りました。

f:id:ponkotsu1215:20170113215710p:plain

私は車の陰から見守りパシャリ☆

 

おかえり子供達

市営の階段下で待っていると手をつなぎ仲良く歩く子供達の姿が見えました。良く頑張ったね。おかえり!!と笑顔で迎える私を見てパープーが号泣しながら一言。

f:id:ponkotsu1215:20170113222549p:plain

なにごと?と話を聞くとパープーは桃のジュースが飲みたかったけど、ぎゅうちゃんは桃のジュースのボタンまで手が届かず、諦めて葡萄ジュースを買って帰って来たそう。おつかいの帰り道、桃のジュースが飲みたくてグズグズ言うパープーをなだめながら帰るのは、五歳のぎゅうちゃんにはさぞ大変だっただろう。うるうる。どのジュースを買うか喧嘩になったのかもしれないし、二本分のお金を渡せば良かったと私はちょっと後悔しました。

 

 その後、泣きじゃくるパープーを抱っこして今度は三人で桃のジュースを買いに出掛けました。ぎゅうちゃんはずっと『俺はここを通ったんだよ!』とか『パープーがもっとお散歩したいって言うから遠回りしたんだよ。』と嬉しそうに解説してくれました。

 

帰宅後、上着をハンガーにかけるようぎゅうちゃんに声をかけると、斬新な掛け方をしていてとても感心しました。さすがぎゅうちゃん!!大物になる!!(〃^∪^〃)

f:id:ponkotsu1215:20170113194949j:plain 

まとめ

《はじめてのおつかい》は大成功!!子供達の成長を感じて嬉しかったです。私は子供達が心配でとにかく走り回りとても疲れてしまいました(笑)二人だけでおつかいに行くことが出来るのはまだまだ先の話になると思いますが、尾行しながらのおつかいは自分で出来たという自信につながっているようなので、またやろう!!と思いました(〃^∪^〃)最後まで読んで頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク