読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!よろしくお願いします(〃^∪^〃)

《第九話》ドラマ『大貧乏』の感想とネタバレ。

シングルマザーの日常

 

ドラマ《大貧乏》の第九話を見ました!!※ネタバレ有です。

ドラマ《大貧乏》第九話を見ました(〃^∪^〃)八話の終わりに天満社長がゆず子の自宅を訪ねて来て怖い顔をしていたので、来週はどうなっちゃうの~!?子供達よどうか無事で!!なんて思っていたのですが、あれ以来天満社長はゆず子達の前には現れず。私の取り越し苦労でした(笑)今回も私なりの感想を書いていきたいと思います☆

《まとめ》はこちら。

chiiseka.hatenablog.com

 

思ってくれる人がいるって幸せな事だな。って思いました。

天満社長がゆず子の自宅に来た事を知った柿原さんは護衛として春木君と2人『僕らで守るしかない!!』と自宅前に車を停め見張りをする事にしました。ゆず子が『帰って。』と言うと柿原さんは『何かあってからじゃ遅いんだよ!!』と声を荒げていました。その後、二人はゆず子の家に泊めてもらう事になったのですが・・・。

 

私は自分の事を心配して守ってくれる人がいるっていいなぁ。って思いました。私には自分以外に自分を守ってくれる人はいません。子供達を守ってくれる人も私以外いません。だから心配して守ってくれる人がいる事は幸せな事だな。って心から思いました。

スポンサーリンク

 

家族じゃなくてもいいじゃん。

お泊りする事になった柿原さんと春木君。女の子チームと男のチームで部屋に分かれて眠る事になったのですが、翔太君。楽しそうでしたね。我が家も女二人、男一人なので、長男は男同士の会話とか。きっと憧れていると思います。大きくなってくれば男同士にしか分からない悩みも出てきそうで。私の悩みも尽きないです。

 

朝起きると、ゆず子は朝食作りに子供達のお世話にと大忙し!!何気ない普通の光景だけど、なんか微笑ましくて羨ましかったです。旦那さんにご飯を作ったりコーヒーを淹れたり。そんな小さな事がとても幸せそうに見えてしまいました。

 

夜、6人で食べるご飯もみんな楽しそう。写真撮影もとても暖かい気持ちになりました。もうこの際、家族じゃなくてもみんなが楽しく幸せに暮らせればそれでいいんじゃない?なんて思ったりもしましたが、長く暮らすとそれはそれでまた問題が出てくるものですよね。賑やかで楽しいと3人の生活に戻った時に以前より寂しく感じてしまいそうですね・・・。

f:id:ponkotsu1215:20170304171319p:plain

ママの女の顔。

『親が離婚した子供の気持ち。』を調べていると、母親が再婚したり彼氏がいる場合《母親の女の顔は見たくなかった!!》という声が多いように思います。ゆず子と柿原さん、春木君の関係を翔太君、実結ちゃんはどんな風に感じているのかな?ってふと疑問に思いまいした。ママの友達なのか仕事仲間なのか?恋人なのか?いずれにしても柿原さん達を歓迎している様子なので心配はいらないと思うのですが、こういう関係ってどうやったら作れるのかな?なんて考えてしまいました。

 

100億で何をするか?

春木君が『100億とかそういうお金。それで何をするんですか?』と天満社長に聞いていましたが、一般人の感覚としては本当にそうですよね。私も使い道が全く思いつきません。子供達の将来の学費、布団の買い替え・・・。う~ん。やばい。欲しい物すら出て来ない(´;ω;`)お金って人を変えるってよく言いますが、私も100億あったら変わってしまうのでしょうか?私の場合、貯金して終わってしまいそうです。

 

ゆず子の仕事の謎。

シングルマザーで大貧乏なはずのゆず子。なのに働いてる姿があまり出てきません。貯金も無いハズなのでお弁当屋さんのお給料で生活していると思うのですが、生活していけるのか?本当に謎です。実結ちゃんのお迎えも明るいうちだったので夜遅くまで働いている訳でも無いです。なんてドラマだから難しい事、考えちゃダメですね。

 

誰かに助けて貰おうなんて思ってない。

高野さんの『誰かに助けて貰おうなんて思ってない。』という言葉。いつも《誰か助けて~!!》と心の中で叫んでいる自分を本当に情けなく思いました。カッコイイです。

 

そして高野さんがコーヒーを飲んでいたあの場所。都会ではあのオシャレな空間がファミレスなんですねΣ(゚Д゚;)あんなオシャレなカフェ。人生33年間で一度も行った事が無いです。田舎から出た事の無い私は、都会のオシャレな空間でコーヒーを飲むのにとても憧れます。子供達が大きくなったら是非連れて行ってあげたいです。(話がえらく逸れました。)

 

その後、柿原さん達に助けて貰う事になった高野さんですが、ゆず子の『助けてくれる人っていると思うんです。』という言葉に涙ぐんでいました。ネガティブな私の意見としては《助けてくれる人がいるのは一部の人だけ。》って思います。悲しい出来事も実際多いです。

 

勝負に勝ったはずが負けてしまう!!

アウセルの設計図を持って柿原さん達がハマナカに訪れた時は《ヤッター!!!》と喜んでいましたが、何だか上手く行きすぎてちょっと不安を抱いていました。不安は的中。残念ながら株式は上場。本当に悔しかったですヽ(`д´;)/悔しいです!!次回、絶対逆転勝利して欲しいです!!

 

まとめ

木暮君を見ているととても楽しそうで。実際に柿原さんのような社長さんがいたら面白いのになぁ。なんて思ってしまいました。次回は最終回!!柿原さんとゆず子の恋の行方も天満社長を倒すお話もとても楽しみです!!最後までありがとうございました☆

スポンサーリンク