シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!よろしくお願いします(〃^∪^〃)

深夜零時のパニックルーム。

 

深夜零時のパニックルーム。

父親との面会日の晩のこと。

chiiseka.hatenablog.com

 私は先に子供達を寝かしつけ、翌日の保育園の準備を済ませてから子供達の寝ている寝室へと向かった。寝室のドアを開けると部屋は異様な臭いに包まれていた。食べ物の匂いなのか?汗の臭いなのか?子供達についた元旦那の残り香なのか?よく分からないが臭い事だけは分かる。

 

ぎゅうちゃんは寝ついた場所で今も変わらずにイビキをかいて気持ちよさそうに眠っている。パープーは布団から出てうつ伏せにお尻を上げ拝むようにして眠っていたが、このスタイルで寝ていることは特に珍しい事では無くいつもの事。暑かったのかな?と起こさずそのままにしておいた。

スポンサーリンク

 

 とりあえず布団に入り目を閉じるがどうしても臭い。『臭いな。この部屋で寝るのキツいな。』と部屋のドアを開放しようと起き上がりながらあることに気が付いた。

 

 おもむろに子供達の布団をめくりオムツの臭いを確認する。臭くない。いや、待てよ。そんなはずは…。何度もじっくり鼻を近づけて確認してみる。何とも異様な光景だ。数秒後、

f:id:ponkotsu1215:20170403230812p:plain

出ていた。壮大に。気持ちが悪くてお尻を上に上げていたのだ。この小娘。

f:id:ponkotsu1215:20170403232024p:plain

ちくしょう。可愛い。すぐさま処理に入る。当の本人は起こされたことに腹を立て威嚇するかのように低く唸っていたがかまう余裕は無い!!これは緊急事態だ。ぎゅうちゃんを起こしてしまう可能性がある為、明かりを付けることは許されない。かといってパープーを明るい部屋に連れて行くのも眩しくて可哀想だ。

 

異臭の漂う中、静まり返った豆電球の薄暗い部屋で。一人冷や汗をかきながら事態の終息に向け全力を尽くした。最悪な事にシーツが少し汚染されてしまい悲鳴が出た。

 

まとめ

気づかずに朝まで過ごさなくて本当に良かった。どうしてすぐ気付かなかったのか。子供達の寝ながら〇〇問題。年に数回あるので毎回本当に驚く。無意識なのか知っててやっているのか。ちなみにパープーは気持ちが悪いという感覚があるけど、ぎゅうちゃんには無いらしく何事も無かったかのように爆睡しているので凄いなぁ。と感心している。いずれにしても寝ながらしないで欲しいと思う母なのでした。最後までありがとうございました☆

スポンサーリンク