読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!よろしくお願いします(〃^∪^〃)

元旦那が心底嫌いになりました。

 

元旦那が心底嫌いになりました。

先日、元旦那のいいとこ取りについての記事を書きましたが、

chiiseka.hatenablog.com

 実はその数日前、こんな記事も書いていたんです。

chiiseka.hatenablog.com

 

馬鹿ですよね。大馬鹿者です。《家族はいらない。》なんて言われたのにいつまでも信じて疑わず。

 

お金の援助をお願いした時の、

 

暮らしていけないから離婚したのを忘れてないよね?

 

この一言は今も私の胸に深く突き刺さっています。時間が経ってからの方が地味に痛いです。

 

暮らしていけなくなった理由なんてまるで無視で《自分は悪くない。俺の方が大変なんだ。》と言わんばかりの対応に心の底から何でこんな人と結婚しちゃったんだろう。と後悔の気持ちが込み上げてきました。

 

元旦那本人にその気持ちをぶつけてやりたい衝動に駆られたけどグッと堪えて、私が思ってる離婚理由を簡潔に伝えると突然、ラインは未読無視になってしまいました。未だ既読にはならない状況です。

 

スポンサーリンク

 

 

感覚が違うんだ。この人。

元旦那はいつも自分の事しか考えていません。(前から分かってた事だけど。)仲が良かった時も喧嘩をすると『俺は人生で一度も悪いと思ったことが無い。』と豪語していました。そしていつも悲劇の主人公を演じています。

 

自分中心であるが故に人の気持ちが分からない。そんな人と真面目に話したところで、

 

マフマフが願いを叶えてくれるよ☆とか、

 

ヤンヤンはマフマフと対する存在なんだよ。とか。

 

会話にもならないような不誠実な対応。こんな人とまともに話したところでイライラするだけ。元々の感覚が違うのだから分かりあえる事はきっと無い。時間の無駄。とやっと思えるようになりました。 (ちなみにマフマフは可愛くてモコモコしたものの総称で元気玉を打てるそうです。)

f:id:ponkotsu1215:20170427231507p:plain

 

離婚理由の相違

離婚理由の思い違いはお互い多かれ少なかれきっとあって。それでも最初は『転職する勇気を出せば良かった。一番大切な物を手放してしまった。』『申し訳ないと思ってる。』なんて元旦那は言っていたけど、時間と共に家族に対する気持ちが薄れてだんだんと《私だけが悪い。》と変わっていってしまったのかもしれない。

 

友達や職場の同僚に離婚の事を聞かれれば、元旦那の性格上《自分は何も悪くない。》と悲劇の主人公を演じることは正直目に見えています。それを聞いた周囲はきっと私を責めて元旦那を肯定します。そんな事を繰り返すうちに元旦那の中で私だけが悪者になってしまったのかもしれない。

 

私だって離婚の事を話すときは、自分の事が有利?になるように話してしまいそうになる事が多々あります。でもそれはしないように極力心掛けています。私にも悪いところがあっての離婚。100%どちらが悪いとは言い切れないと私は思うからです。(私達の場合ですが。)だから離婚理由を話すときは必ず私にも非がある事をきちんと相手に伝えます。

 

私がもっと元旦那に優しくしていたら。私がもっとしっかりしていたら。守りたくなるような家庭を築けなかったのは私なんだ。なんて考え出すとキリが無くて。今更考えたところでどうしようも無い事だし、違う選択をしていたとしても幸せになれたとは限らない。そう分かっているのに考えてしまう事が私にはたびたびあります。

 

f:id:ponkotsu1215:20170428191719p:plain

元旦那プチ情報とか。

元旦那プチ情報ですが、最近彼は会社の飲み会で千円代行呼んだところ紙に包んだ電話代100円を渡されたそうです。電話代を渡されたのは今回が初めて!!何を渡されたのか分からず驚いた彼は、その100円を確かめる事無くエチケットガムと勘違いして口に入れてしまったそうです。

 

毎回唐突に送られてくるこのライン。私の話は無視するくせに。知りたくないよっ!!たわけものめ!!

 

まとめ

信じていた分嫌いになって。正直二度と顔も見たくないです。面会にも来るな~!!って思うけど、面会の連絡が来ればちゃんと応じるし、今まで通り普通の対応を心掛けたいです(o´∀`)b

 

私の中で元旦那がどんな風に変わっても。子供達にとっては世界で一人しかいない大好きなパパ。悪口を言ったり悪態ついたりはせずに一定の距離を置きながら私なりに精一杯頑張って行きたいです(〃^∪^〃)最後までありがとうございました!!

 

スポンサーリンク