読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!よろしくお願いします(〃^∪^〃)

再婚の淡い期待を捨てた話。

 

再婚して子供が欲しいと思っていました。

子供達が大きくなって。使わなくなったスタイや産着、ガーゼハンカチ。産前産後用品を処分しました。

 

ずっと大切にとってあったんです。もう一度素敵な人と出会ってまた子供を授かる機会があるかもしれないと。そんな淡い期待を胸にずっと捨てられずにいました。

 

欲張りとは分かっていながらも、三人目が欲しかった私は離婚してからずっと妊婦さんを見ると羨ましくて胸が苦しく重たくなっていました。そして赤ちゃんを抱いてるママさんを見るたびに黒い気持ちになっていました。

 

そして心の中で《私にも再婚して赤ちゃんを授かれるチャンスはあるはず!!》と希望を抱いては出産のタイムリミットに焦り一人途方に暮れていました。

 

そして現在。色々考えた結果《子供達が大きくなるまで再婚はしない。》と心に決めたものの、心の奥底では再婚とは別に赤ちゃんを諦めきれない自分がいました。だからって何かしようと思っていた訳では無く《赤ちゃん可愛いな。もう一度赤ちゃんを抱きたいな。》と淡く思うだけの毎日を送っていました。

 

スポンサーリンク

 

 

赤ちゃん用品を見て泣いてしまいました。

先日、面会で子供達がいない時に私は部屋の大掃除をしていました。ふと押入れの奥から再婚に期待して大切にとってあった赤ちゃん用品を見つけてどんより落ち込んでしまいました。

 

ぎゅうちゃんの時はまだしも。パープーの時は妊娠も出産も育児も。大変過ぎて記憶がほとんどありません。もっと一緒の時間を過ごしたかったし可愛がってあげたかった。その為に20代我慢してお金を貯めて来たのに。こんなはずじゃ無かった。

 

赤ちゃん用品を見て。再婚の期待をするよりも後悔ばかりが浮かんで来て一人メソメソ泣いてしまいました。このまま処分する事も考えたけど、何となく気が引けてまた押入れにしまっておくことにしました。

 

f:id:ponkotsu1215:20170512211746j:plain

 

再婚の淡い期待を捨てました。

その日の夕方。母と電話する機会がありこの話をすると、

 

万が一再婚して子供を授かったとして、お古の赤ちゃん用品じゃ旦那さんが嫌がるんじゃない?もしその時が来たら新しいのを二人で買ったらいいよ。

 

と言われて衝撃を受けました。確かに。私が相手の立場だったらきっと嫌だ。元旦那の事とか考えてしまうかも。

 

今まで私は自分の事しか見えていないし考えていませんでした。《再婚するって簡単な事じゃないんだ。再婚だからこその問題が所々にあるということなんだ。》そう思ったら気遣いの出来ない自分に再婚は難しいと思えたし、赤ちゃんについても諦めがつきました。

 

そして赤ちゃん用品を処分する事が出来ました。

 

 

まとめ

それから数週間経ち、今は赤ちゃんを羨ましいとは思うものの《もう一度子育てするのは大変だからもういいかな。》と思うようになりました。今、私の傍にいてくれる可愛い二人の子供達だけを見て、これからも全力で守って行きたいと思います。欲張りで羨ましがりで醜い私の心だけど、なんか少しだけ重りが取れたような気がします。最後まで読んで頂きありがとうございました!!

 

スポンサーリンク