読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!よろしくお願いします(〃^∪^〃)

ヒロシに恋をしてしまいました!!

 

ヒロシに恋をしてしまいました!!

先日、ぎゅうちゃんと《映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ》を見に行って来たのですが、私はヒロシにメロメロ!!頼もしい姿に恋してしまいました!!

 

ヒロシの事が気になって調べてみると、35歳で春日部に一戸建てを持ち、年収はなんと650万!!身長180センチとな!?すごい・・・。凄すぎるヒロシよ。という訳で。今日はヒロシについて書いていきたいと思います!!

f:id:ponkotsu1215:20170515230211p:plain

映画になると急に頼もしくなるヒロシ。

映画ではヒロシが25歳若返って子供になってしまうのですが、それがまたイイ!!大きめとも言える上着に短パンにゆるゆるソックス(重要)小さな体でひまわりのベビーカーを押す姿は健気で何だかじ~んとしてしまいました。

 

体は小さくなっても中身はヒロシのままなのでいつも通り家族を支え守ろうと頑張ります。そんなヒロシの姿を見ていた私は、小さな子供を守る健気な少年を見ているような気持ちになり胸がキュンとしてしまいました。

 

ヒロシについて色々書きましたが、私は仕事や年収よりも映画で見せる家族思いの姿にいつも胸を打たれ感動してしまいます。離婚してからはさらにその姿がよく目につくようになり、比べてはいけないと思いながらもつい自分の境遇と重ね合わせ、元旦那の事を思い出しては考えてしまっています。

 

ヒロシはいつも矢面に立って家族を守るろうとするけど、元旦那なら私を盾にするか、ひとりで一目散に逃げるだろうな。(盾にした経験あり。)とか、

 

悩み迷った時は家族を引っ張っていってくれるどころか、心配で不安でメソメソして何もしなくて。私が無理をして一人で頑張らなきゃいけないんだろうな。

 

とか。そして、

 

なんでこんな人と結婚してしまったんだろう・・・。

 

と後悔してすごく虚しくなります。男性だから強くて当たり前、家族を守って当たり前とは思ってないし、男性にも女性にもそれぞれ得手不得手があるから元旦那と比べるのは違うと分かっているけどヒロシを前に考えずにいられない自分がいます。

 

スポンサーリンク

 

 

ヒロシはいない。

とはいえ、現実にヒロシのようにハイスペで家族思いの人なんてきっと滅多にいません。いたとしても私とは遠い存在のような気がします。それにヒロシはみさえあってのヒロシであって。私といても同じとは限らないのです。

 

私は元旦那の精神疾患で離婚したけど、離婚後もし元旦那の病気が治り他の人と再婚して幸せに暮らしているのを知ったら《なんで病気が治るまで傍にいてあげなかったんだろう。》なんて後悔して悔しくて泣くだろうな。なんて思っていました。

 

ですが色々考えて《私じゃない人が元旦那の傍にいるから幸せに暮らしているという事実。》に気がつきました。私と元旦那ではいつまで経っても同じことの繰り返しで幸せにはなれないのです。

 

元旦那と私は臆病で弱虫でとてもよく似ていました。足りない所を補い合えるどころかマイナス要素ばかりが倍増して堕ちるばかりで光が見える事はありませんでした。もし、違う人と出会い結婚していたらお互い今とは少し違う人間になっていたと私は思うのです。そう考えると私と一緒にいるヒロシはもうヒロシで無く、私の好きなヒロシは野原一家の大黒柱のヒロシなんだ!!と悟ったのです。(何がいいたいか分からなくなりましたが、野原一家のみさえといるヒロシが好きだからこれからも応援したいと言いたかったのです。)

 

私がヒロシだったら?

ヒロシを見るといつも《私がもしヒロシと同じ立場だったら、あんな風に家族を守る事が出来るだろうか?》を考えてしまいます。シングルである以上、私以外に子供達を守れる人はいないのです。

 

私は子供達を置いて逃げる事は絶対にしないけど『勇敢に立ち向かえるか?』と聞かれたら正直分からないです。《私がいなくなったら子供達を守る人はいなくなる!!》とかリアルに考えてどうするのがいいのか悶々と悩んでいそうです。とはいえ、実際にピンチになったら私だって勇敢に立ち向かっていけるはず!!と気持ちを奮い立たせ落ち着きます(笑)

 

まとめ

少年ヒロシがステキすぎて一人ヒロシフィーバーしてしまいましたが、みさえも家族思いで素敵なママで、しんのすけもひまわりも可愛くて。しんちゃんファミリーが私は大好きです!!くだらない話を最後までありがとうございました!!

 

スポンサーリンク