シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!

お友達にパパの事を聞かれたら何て答えたらいいの?

 

お友達にパパの事を聞かれました。

 先週土曜日の午前中。スイミングが終わった後、子供達と一緒に公園に遊びに行きました。

 

公園には偶然パープーと同じクラスの女の子がパパと遊びに来ていて、少し挨拶をした後三人仲良く砂場で遊び始めました。

 

ギャップ子煩悩パパ。

このパパさん。たびたび保育園の送迎で見かけるもののあまり喋ってる姿を見た事がなくいつもダルそうにしていたので、子育てにあまり積極的じゃないのかな?なんて勝手に思っていたのですが、実際はそんな事無くて子煩悩で素敵なパパでした!!

 

子供と砂場で遊んだりブランコに乗ったり。我が家の子供達も一緒に遊んで貰って嬉しそう(o´∀`)b

 

やっぱり自分の子供は可愛いものだよなぁ。

 

としみじみ思い、自分の状況と比べて少し悲しくなってしまいました。

f:id:ponkotsu1215:20170623225104p:plain

ちなみに人見知りの私は子供達に紛れて一緒に遊ぶもののパパさんとはほとんど話す事が出来ず気まずい雰囲気。それでも挨拶とお礼はちゃんと出来たのでとりあえず良かったです!!

 

パパ自慢されたパープー、怒りの鉄槌!!

砂場で遊んでいる途中、お友達が突然

 

『パパいないの!?』

 

と私達に聞いてきました。パープーが何も言わないので私が『いるよー。』と答えると、

 

『お仕事なの?』

 

と聞くので『うん。お仕事なんだよ。』と答えました。(事実だし。)すると、

 

あたしパパと一緒なんだよ。

(指を指して)あたしのパパなの。パパね…

 

とお友達がパパ自慢を始めようとした矢先、負けん気の強い3歳パープーが作業の手を止め、

f:id:ponkotsu1215:20170623232003p:plain

と稲妻級の一言!!ヒィィィィ!!勝ち誇る娘。焦る私。あんまり否定するのもパープーに悪いので『いや、一人でしょ。』と突っ込んどいたものの、後で変な噂にならないか心配してしまう私でした。

 

スポンサーリンク

 

 

お友達からの『パパいないの?』にどう答える?

以前もぎゅうちゃんがパパの事を聞かれて嘘をついた事があったけど、

chiiseka.hatenablog.com

 

私が知らないだけで子供達の間ではパパの事を聞かれるのは日常茶飯事なのかもしれない。

 

この時の私は【父親は家に居ないだけでいない訳じゃ無い。】そう思ってお友達に【いるよ】と答えていたけど、嘘をついている訳じゃないのに嘘をついてる気分というか。なんか後ろめたくて。ずっと複雑な気持ちで胸の中がモヤモヤしていました。

 

【母子家庭=父親がいない】 それが世間一般の見方であって、私が思っていた事は間違いでは無いけれど論点をズラして考えていただけで【父親がいない】それが今の我が家の現実なのではないだろうか?

 

でも、だからと言ってどう答えたら良かったのか?どう答えさせたら良かったのか?どんなに考えても答えが出ません。

 

『いる』と答えれば後ろめたいし『いない』と答えれば『なんで?どうして?』と追撃を食らう。どうしたらこの状況を上手く回避出来るのか?

 

う~ん。分からん分からん(´;ω;`)お友達も何気なく聞いただけなのかもしれないし難しく考え過ぎているだけなのかも。

 

私なりの答え。

先日、父親が家にいない理由を子供達に話しました。

chiiseka.hatenablog.com

 

その中で《別々に暮らしていてもパパは二人を思ってる。》そう言ったばかりなのにお友達に聞かれた時には『いない』と答えるのは何だか違うような気がする。

 

それにもう何度も子供達の前で『いるよ。』と言ってしまった後なのに今から変更するのも何だか気が引けてしまう。なので今後『パパいないの?』と聞かれたら、

 

『いるよ。』

 

と答えて、さらに色々と聞かれるようなら、

 

『一緒には住んでないけどパパはちゃんといるよ。』

 

と答え、そこまで聞いてくる子はいないとは思うけど『なんで離れて暮らしてるの?』と聞かれたら

 

『別々に頑張ろうね。って決めたからだよ。』

 

我が家はこれでいいと思う。相手もまだ小さいし話しても分からない事も多いはずだから今はこれで充分なのかも。私が一貫してそう言っていれば子供達も何となく分かるはず。

 

まとめ

パープーの『パパ二人いるよ!!』には驚いてしまったけど、パパ自慢をされて悔しかったんだろうな。と思うと切なくて申し訳ない気持ちでいっぱいになる。これからも父親がいない事で肩身の狭い思いをする事があると思うけど、下を向いてメソメソするのでは無く前向きに強く生きていって欲しい。私も前向きになれるように楽しい毎日か送れるように努力していきたいです。勝手かもしれないけど私はそう願っています。最後まで読んで頂きありがとうございました!!

 

スポンサーリンク