シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!

息子が初めてお友達の家に遊びに行って来ました。

お友達と初めて遊ぶ約束をしました。

先日、同じ団地のお友達と公園で遊んだ記事を書きましたが、

chiiseka.hatenablog.com

 

その数日後の朝。市営の階段で偶然お友達と会ったぎゅうちゃんは、いつの間にか保育園が終わった後、一緒に遊ぶ約束をしていました。(相手は小1のお兄ちゃんです。)

 

その話を聞いた私は半信半疑。子ども同士の約束でお兄ちゃんが覚えているのか心配だったし、何より保育園が終わって帰宅すると17時半近いので、少し遅いかな?なんて心配していました。

 

ぎゅうちゃんに『もう遅い時間だし今度のお休みの日に遊んだら?』と声を掛けたのですが『お兄ちゃんと約束をしたんだ!!』と言い張るのでとりあえず一緒にお兄ちゃんちに行ってみることにしました。(同じ団地の同じ棟です。)

f:id:ponkotsu1215:20170818230007p:plain

お友達の家で遊ぶ

お兄ちゃんの部屋の前に着くと、ぎゅうちゃんがピンポンを押したのですが、陰で見守っていた私は胸がドキドキ!!

 

お兄ちゃんはすぐに出てきてくれたのですが、遊ぶ約束を忘れていて一瞬何が何だか分からない様子。

 

ぎゅうちゃんが遊ぶ約束したことを話すとやっと思い出したようで、すぐさま『家の中で遊ぼう!!』と手を引かれ、止める間もなくぎゅうちゃんは家の中に入っていってしまいました。

 

どうしたらいいの?

私はお兄ちゃんが夕方外で遊んでいる姿をよく見かけていたので、てっきり外で遊ぶものだと思っていたから、家の中に入っていってしまった時は本当にビックリしてしまいました。

 

どうしよう。約束してたとはいえ夕方に、それも突然の訪問。迷惑になっていないだろうか?もっとしっかり止めておけば良かった!!と大後悔。ピンポン押してぎゅうちゃんを呼び戻した方がいいだろうか?何か挨拶した方がいいだろうか?どうしよう!!どうしよう!!と大パニック!!

 

私には知り合いも友達もいないから、当然子供達は余所のお家に遊びに行った事が無く、お行儀よくしてくれているか?それも私は心配していました。

 

対策として子供のマナーブックを何度も読み聞かせて、余所のお家に行った時にして良いこと悪いこと。ご挨拶の仕方なんかをみっちり勉強はしたけど、実践は初めてなので本当に心配…。

 

ピンポンを押してすぐに呼び戻すのも何となく違う気がしたので、残されたパープーと二人部屋に戻って来たのですが、私は気になって気になって仕方がありませんでした。

 

とりあえずお兄ちゃんのお家も夕飯の支度や家事があると思うので、30分したら迎えに行こうと決めて、終始ソワソワしていました。

 

スポンサーリンク

 

ぎゅうちゃん帰宅

お兄ちゃんの家に行って20分。ぎゅうちゃんは『お兄ちゃんに俺のオモチャを見せるんだ!!』と突然帰ってきました。

 

可哀想だとは思ったものの『もうすぐ6時になるからバイバイしようね。お兄ちゃんちもご飯の時間になるし、お風呂に入ったり妹ちゃんのお世話があるから大変だよ。また今度遊ぼうね。』と言い聞かせ、バイバイを言うべく私も一緒にお兄ちゃんちに向かいました。(お母さんに一言お礼とお詫びを言おうと思っていました。)

 

ところが!!部屋の階段下にお兄ちゃんがカブトムシのカゴを持って、もう一人違う男の子と遊んでいました!!

 

喜ぶぎゅうちゃん。タッと駆け寄ると三人で仲良くカブトムシを見て笑いあっていました。

 

待てど暮らせど。

私はパープーが待っていたので、一度部屋に戻って夕飯の準備をしていたのですが、ぎゅうちゃんはなかなか帰ってきません。心配で階段下を見に行くと、

 

いない!!

f:id:ponkotsu1215:20170728184226p:plain

近くを走って探し回るものの見つからない!!ぎゅうちゃん!!

 

丁度、お兄ちゃんのお母さんが洗濯物を干していたので、軽くお礼とお詫びをした後に子供達の行き先を聞いてみると、お兄ちゃんは公園に行くと行って出て行ったそう。(ちなみに、ぎゅうちゃんはオモチャを取りに帰って来たのではなく『ママが帰って来るように言ってる。』と言って帰って行ったそうです。)

 

行先を聞いた私はすぐに公園へ走る!!公園は市営の階段からチラッと見ただけで、実際にはまだ足を運んでいませんでした。

 

私が公園に着くと、な、なんと!!

 

ぎゅうちゃんはお友達と楽しく鬼ごっこをして遊んでいました。

 

なんだ、取り越し苦労か。良かった!!

 

私は仲良く遊んでるところに水を差さないように、ぎゅうちゃんに声を掛けることはせずにそのまま公園を後にしました。

 

ぎゅうちゃん二回目の帰宅

しばらくして、ぎゅうちゃんが汗だくで帰って来ました。お友達と遊んでとても楽しかったそうです。

 

私は何だかぎゅちゃんが急に大きくなった気がしてしまい嬉しい反面、少し切なくなってしまいました。お友達と遊んで帰って来るなんて、少し前までは想像もしていませんでした。私としては不安で不安でたまらないけど、過剰に心配して自立の目を潰してしまわないように、少し離れた所からひっそり見守っていこうと自分に言い聞かせていました。

 

f:id:ponkotsu1215:20170501215823p:plain

私の本心と友達関係

本心を言えば、私は子供だけで出掛けて欲しくないし心配で心配でたまりません。でも、親御さんみんながみんなそうじゃないんですよね。各家庭によってそれぞれ決まりがあって、同じくらいの子が子供だけで遊んでるのに私一人が心配で付き添うのも何だか気が引けて、ついお友達の家に合わせてしまっています。(団地だから余計そうなのかもしれませんが。)こればっかりは人それぞれですよね。

 

何かあれば一生後悔する。そう分かってはいるものの、色々と複雑で難しいです。ぎゅうちゃん本人も私がくっついていたら恥ずかしいような気がして遠くから見守る選択しか今のところ私は出来ずにいます。(妹のパープーを口実にちゃっかり公園に一緒にいる時もあります。)

 

そしてお友達の家に遊びに行く時は保護者同伴というのをよく耳にしていたので、色々と焦ってしまったのですが、親同士が仲良くないとこれはなかなか難しいですね(´;ω;`)

 

子供同士の遊びに親がどこまで介入していいのか?凄く悩んでいます。私も初めての事だらけでどうしたらいいのか分からず、ネットで調べながら日々勉強中です。非常識だったら本当に申し訳ありません…。

 

まとめ

そんなこんなで我が家はキッズケータイを買うことに決めました。お友達の家に行ってしまっても、本人と連絡が取れるし位置情報も見られるのでかなり不安が解消されます。長くなってしまったので、我が家が買ったキッズケータイについては次回詳しく書きたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク