シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!

【前編】父親に会いたい気持ちが溢れています。

会いたいそうです。

先日、ぎゅうちゃんが学校で作文を書いてきました。タイトルは『パパへ。』

 

内容は《今何の仕事をしているのか?また一緒に遊びたい。》と言った感じだったのですが、会いたいとは知りつつも改めて書かれるとかなりショック…。

 

一番辛いのは子供達だし、そう思っていて当然なんだけど、申し訳なさと面会への迷いで胸の中がグチャグチャになってしまいました。

 

f:id:ponkotsu1215:20190125164540j:plain

 

電話するか?

作文を見つけた時、ぎゅうちゃんは『しまった!! 』と少し焦っていました。私が『パパに作文を書いたんだね。』と言うと頷いていましたが、ぎゅうちゃんの中でパパの話はしてはいけない。という気持ちがあるようです。そうならないように努力してきたのに…。悲しいな。

 

会いたい気持ちが溢れた作文。私は『三年生になったら会いに来るよ。』って言ったのに、二年生に変わっていました。『三年生だよ。』って改めて言ってはみたものの。私の気持ちは揺れていました。二年生で会わせるべきか否か?

 

スポンサーリンク

 

 

しばらくして、ぎゅうちゃんと布団に寝そべりながらパパについて話をしました。平静を装いつつ私の胸はドキドキです。(ぎゅうちゃんの気持ちが知りたくて話せるタイミングを見計らっていました。)

 

パパに会いたいことや会ってしたいこと、聞きたいことなど。パパについての話をしたのですが、ぎゅうちゃんは『ルンバ!!』なんて言って話を逸らしていました。

 

あんまりパパの話はしたくないみたい。

 

怒ったり嫌な感じにならないように努力してきたつもりだけど、伝わっちゃってるのかな?でも、そうだよね。仲が良いようには見えないよね。

 

私は心も頭もパニック状態で、ぎゅうちゃんのそんな気持ちをどうにかしてあげたくて、

 

会いたいなら会わせた方が良いんじゃないだろうか?

とりあえず電話してみる?

 

なんて考えが浮かんでモヤモヤ。喉まで出かかっていました。

 

そんな時、パープーが頭が痛いと言いだし発熱注意報!!

chiiseka.hatenablog.com

 

パパの話はここで終わってしまいました。でも、それで良かったと思っています。そのままだったら私はきっと元旦那に電話を掛けていたから。いつも思いつきで行動。それで失敗しています。優柔不断が一番子供達を傷つける。冷静にならねば。【後編へ続きます。】

chiiseka.hatenablog.com