読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!よろしくお願いします(〃^∪^〃)

母子家庭だからと甘やかして子育てした結果。

 

母子家庭だからという理由で甘やかしてしまった!!

 

私は子供二人を連れて離婚、シングルマザーになりました。離婚当時は子供達に申し訳ない気持ちでいっぱいで父親がいなくなった穴を埋めようと毎日必死に頑張っていました。ところが残念ながら私の頑張りは空回りしてしまい子供達をかなり甘やかして育ててしまいました。その結果、子供達はかなりの甘えん坊になってしまいました。元々の性格も大きく影響しているのかもしれませんが現在とても苦労しています。(親としてはそんなところも可愛いのですが(〃^∪^〃))その事について私なりに感じた事を書いてみたいと思います。

f:id:ponkotsu1215:20161215194634p:plain

物を買ってあげる事で罪悪感を拭う。

 

私は子供達が玩具を欲しがるとよほど高くない限りは高確率で買ってあげてしまっていました。(主にトミカや百円ショップ)食費や生活費を削って必死に節約しているのに玩具だけは買っていたのです。私のこの行動には一つの思いがありました。

 

父親がいなくて寂しい思いをしているから。

 

父親がいなくて寂しい思いをしている子供達に欲しい物まで我慢させるのは当時の私には出来ませんでした。父親のいなくなった寂しさをオモチャを買うことで埋めようとしていたのです。そして買うことで子供達に対する自分の罪悪感を拭おうとしていました。これは子供達にとっていい事とは言えないですよね。

 

今は私も成長して子供達に対して《申し訳ない》という気持ちより《何とか幸せにしてやりたい。》という気持ちが強くなったので買わずに我慢させる事も多いのですが《買って!!》と毎回泣き叫ん大変です。子供達が大きくなるとお金がもっと沢山かかってくると思うので我慢を学ぶ意味でも根気よく頑張って向き合って行きたいです。

 

何でも私がやってあげてしまった。

 

シングルマザーになって家事に育児に時間に追われ、子供達に着替えや身の回りの事をやらせるよりも私がやってしまった方が早くてつい手を出してしまっていました。その結果、身の回りの事をするのはママの仕事。着替えも歯磨きも片づけもママがやる事。と認識され、自分でやるように促しても『何で着替えなきゃならないんだよー。ママやって。』と甘えるようになってしまいました。

 

難しい問題で下の子がいると『妹がママに洋服を着せて貰ってるのに僕には着させてくれないの?ママは僕なんかどうでもいいの?』 と兄妹間で差別しているかの様に思われそうで下の子と同じ様に大きくなったお兄ちゃんにも何でもしてあげてしまっていました。そのせいで自立が遅れてしまったのかもしれません。自分で出来ない訳ではなく保育園ではきちんと出来ている様子なので、お家でも出来るように少しずつ促して行きたいです。

※長文なので小休憩①

 f:id:ponkotsu1215:20161215193157p:plain

保育園の玄関にて目を離した隙に私の靴に手を入れて四つん這いで歩くぎゅうちゃん。ドヤ顔で《ママ!!してやったり!!》でも残念ながら他のママさんの靴でした。(きちんとママさんに謝りました。)

スポンサーリンク

 

子供達の機嫌取りをしてしまった。

 

元々の私の性格もあるのですが、つい子供達の機嫌取りをしてしまっていました。私が怒ったりすると子供達は悲しんだり泣いたりします。その姿を見ると可哀想でほっとけなくてつい優しい言葉をかけてしまっていたんです。これでは本末転倒。しつけにも良くないです。とても反省しています。

 

そんな事を続けているうちに母親より自分の方が立場の方が上だと認識され、私が怒っても『ママともう遊んでやんないから!!』とふてくされ優しく声をかえられるのを待つようになってしまいました。忍耐強くママを待つ子供達の姿にはホントに感服します。ここで父親でもいれば仲裁に入ってくれる事もあるのかもしれないのですが、母と幼児2人だけ。結局、重苦しい雰囲気に我慢しきれない私が声をかけて機嫌を取るという残念な結末を迎えてしまいます。

 

それでも昔は子供達の方から『ママ、ごめんね。』なんて声をかけてきた事もありましたが5歳ともなると怯えながらも精一杯の反抗をしてくるようになるので手の施しようがない。私に背を向けて逆ギレアピール。そんな姿さえも《無理しちゃって~カワイイ(〃^∪^〃)》と思ってしまう親馬鹿な私。


このままじゃ《グレてしまう!!と思ったので最近は怒るときは怒る。機嫌は取らない。そんな努力をしているが何とも難しい。ママに見放されたと思われるのも怖いので少しずつ様子を見ています。

☆長文なので小休憩②

f:id:ponkotsu1215:20161216042333p:plain

だろうね。お茶目さん。

 

甘えと甘やかしの難しさ。


甘えと甘やかしの違い。これが私にはよく分からず本当に難しかったんです。例えば、子供から《抱っこして~》とおねだりされるのは甘えであって子供の欲求に応える事は愛情を確認する上でも重要な事。もちろん私はそのたびに優しく抱っこしてあげていました。

 

でも《抱っこして~》に毎回応えていると、だんだん自分で歩かなくなるんです。どこかで自立を促すようにそっと背中を押してあげなければいけませんでした。そして段々と甘えから甘やかしに変化していってしまいました。周囲からも《甘やかし過ぎ!!》という評価を受け始めます。ここでやっと《甘やかしすぎてたかΣ(゚д゚lll)と気づくのです。

 

ところが抱っこするのが当たり前になってからだと自分で歩くように促しても泣いてしまい頑張らせるのがとても難しいです。私も突き放すようで可哀想だと思ってしまい強く言えずにいます。それでも今は少しずつ自立を促すように努力しています。

 

甘やかしすぎたメリットもある!!


実は子供達がこんな風に甘えん坊なのは私の前だけなんです!!保育園や祖父母の前では実にキビキビ別人のように頑張っています。甘えられる環境があるのは子供達にとってはとてもいいことだと思っています。家でも外でシャッキリモードじゃストレス溜まります。ワガママで甘えんぼうで手がかかりますが、私は子供達が

f:id:ponkotsu1215:20161216035210p:plain

※私的にはイケメンとアイドルに見えている親バカな現実 

 

まとめ

 

母子家庭だからと甘やかして育てた結果、

 

《外ではしっかり、ママの前では超絶甘えん坊》

 

に育ちました。(うちの子調べ。)子供の性格の違いや色んな考え方があるので正解は分かりませんが、何に関しても一生出来ない訳では無いので大目にみながら少しずつ自立に向けて頑張っていきたいです。長文最後まで本当にありがとうございました!!

スポンサーリンク