シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!

同じ名前の惨めな結末。

同じ名前のあの女の子に遭遇しました!!

以前、勤めていた会社の年末の餅つき大会に行った時の話です。離婚一年目、子供達は3歳と1歳でした。

 

私はパートの試用期間中で勤めてまだ一か月。難しい仕事でなかなか慣れる事が出来ず、毎日泣きべそをかいて仕事に行っていました。

 

そんな中の餅つき大会。当然行きたくなんかありません。準備も含めて二日間。日々の疲れから休みたい気持ちでいっぱいでしたが、それでも行きます。社会人だもの。ゲッソリ。

 

地獄の餅つき大会!!

餅つき大会、一日目は無事に終えたものの二日目は地獄でした。私の職場と同じ建物に入っている会社との合同で行われたのですが、育ちも違えば考え方も違う。私よりはるかに上の立場の人ばかり。その家族が一同に集うのです。子供達を含め何か失敗をしてしまわないか私はブルブル震えていました。

 

そんな中、見覚えのある顔が目につきました。学生時代、隣の席で色が白くてロングヘアで、可愛くて憧れていた私と同じ名前のあの女の子。

 

私の名前は平凡でよくある名前だけど、読み方が少し変わっていて大抵一度では読めません。女の子は私と同じ漢字で同じ読み。話したことは無かったけど、同じ名前ということで勝手に親近感を感じていました。

 

その女の子が私の目の前にいたのです!!衝撃と共に私の心はショックで壊れてしまいそうでした。

 

スポンサーリンク

 

私がショックを受けた理由。

私がショックを受けた理由。それは女の子の旦那さんは先生と呼ばれるような難しい職業で、収入も多くとても家族思いで優しい人だったからです。

 

以前、一緒の仕事をした時に旦那さんから『妻はあまり物事を気にしない性格だから自分と合ってる。専業主婦をしていて子供は幼児教育で有名な幼稚園で学ばせてる。』なんて幸せ話を聞いて羨ましく思っていたので、それがまさか自分と同じ名前のあの女の子だとは思いもせず『同じ名前でも人生違うもんだな。』とシングルで一人で頑張る自分と比べて悲しくなってしまいました。

 

私がシングルマザーだという事は、旦那さんを通じて女の子に知られていたと思うけど、私はその話に触れられないように避けるように。平静を装うという謎の行動を取っていまし た。知られているけど言われたくない。そんな心境でした。そして傷ついた心に、他の従業員さんの仲良し家族の姿も胸に染みて泣けました。帰宅後号泣です。

 

子供達についても立場の違う集まり。シングルだから育ちが悪いと思われたくなくて、悪戯をしないか常に目を光らせ、私はヘトヘトに疲れてしまいました。

 

f:id:ponkotsu1215:20170928214508j:plain

パープー作。キャワイイ!!

 

まとめ

急に思い出した過去の思い出。今思い出してみても『同じ名前なのに人生違うもんだな。』としみじみ思ってしまいます。(当然ですが。)でも、これもきっと隣の芝生。私には分からない苦労があるのかも知れない。そう言えば旦那さんが『いつも子供と一緒に居ると息が詰まるって奥さんが言ってる。』なんて言ってたのを思い出しました。人それぞれ違う立場での悩みがあるものです。今日も一日頑張りました!!明日も頑張るぞ!!おやすみなさい☆最後まで読んで頂きありがとうございました(*^▽^*)