シングルマザー子育て日記『ちいさな世界』

子供2人と暮らすシングルマザーのブログです。仕事に育児に毎日奮闘中です☆家計簿も公開中です!!

親離れ進行中であります!!の巻。

親離れ進行中です。

一年生になったばかりの頃は『ママ、一緒に学校に行って。』『ママ、車で乗せてって。』なんて甘えん坊で仕方が無かったパープーですが、最近は…。

 

ママと一緒にいると恥ずかしい!!ついてこないで!!

f:id:ponkotsu1215:20200919220109p:plain

と冷たい感じです。

 

私の見た目が嫌なのか?聞いてみたのですが、そう言うことではなく親がついてくるのが単純に恥ずかしいそうです。(私なりに身だしなみに気を使うようにはしています。)

 

この日もゴミ捨てついでに途中まで一緒に歩いたのですが、団地の階段を降りるとスタスタ先に歩いて行ってしまうパープー6歳。声を掛けてもガン無視です。

 

電柱の影からバレバレで見守っていたのですが、途中お友達と合流するとこっちをみてニッコリ。何なんだ一体…?

 

スポンサーリンク

 

 

自宅に帰ろうとすると、今度はぎゅうちゃんが階段から降りてきました。肩を組んで歩き、お友達との集合場所近くで離れて見送ります。

 

ぎゅうちゃんに『ぎゅうちゃんが恥ずかしく無いように茂みに隠れて見守ってるね。』と植え込みの木の後ろに隠れると、

f:id:ponkotsu1215:20200919220117p:plain

帰れ。

f:id:ponkotsu1215:20200919220113p:plain

ぎゅうちゃん!?あの温厚なぎゅうちゃんがどうしちゃったの!?聞き間違い?再度茂みに隠れてみるものの。答えはやっぱり帰れ。

 

ウワァァァァ!!大人しく帰宅しました。

 

親離れパワーが凄い。

マザコンを心配していたぎゅうちゃんですが、最近はすっかりお兄ちゃん。自宅では仲良くしてくれるけど、外ではちょっと冷たいです。

 

パープーも外ではすっかりお姉さん。私にベッタリだったのが嘘のようです。でも、学童に寄らずに帰る日は今でも自宅近くまで迎えに行っていて、私を見つけると嬉しそうに走ってくるパープー。(お友達といるのを見かけたら私は退散しています。来て欲しいと言われてないけどつい行ってしまう。)

 

『なんだよパープー、嬉しそうじゃないか~。』と絡むと『ハイハイ、嬉しいんだよ!!』と恥ずかしそうにしていたので、内心まだ必要とされているようです。

 

まとめ

子供達の成長が嬉しいものの。手が離れてちょっと寂しい。私は私でしっかりせねば!!と思うものの。子供達の手が離れたら、私何も無くない?っていう現実に直面しています。一人になってもする事が無いしやりたい事もお金も無い。一体全体私、どうなっちゃうのよ~!!最後まで読んで頂きありがとうございました!!